FANDOM


NightmaRe
NightmaRe Cover
Song Information
Performed by SNoW
Lyrics by Hideaki Yamano
Composition by SNoW and Yasumitsu Shindo
Arrangement by SiZK
Single Information
Publisher Sony Music Associated Records Inc.
Release Date December 06, 2006
Album NightmaRe
Length 1:30 (TV Size)
3:51 (Full)
Episodes The Girl in the Dark to
Dyeing Indigo

NightmaRe is the opening theme of the second season of Hell Girl, Two Mirrors. It was sung by SNoW.

LyricsEdit

TV SizeEdit


今 何時か教えて ゆめと云って 抱きしめて

廃墟の街に 見覚えがある
あなたと めくった 写真集の中

どうしてひとり あたしはひとり
すぐに すぐに 夢なんだと気づく

瓦礫を走る なにか蹴飛ばす
夢から覚める 出口をさがすの

はやくいかなきゃ はやくいかなきゃ
どこかで あなたの声がしてるの

動いている 時の中しか
永遠なんて 見えないんだ…

今 何時か教えて ゆめと云って 抱きしめて
止まりかけた あたしの心を 動かして お願い
隣に あなたはいる
たぶん 違う夢をみて
太陽なんか いらない
あなたの笑顔が 今 恋しくて



Ima nanji ka oshiete
Yume to itte dakishimete

Haikyo no machi ni mioboe ga aru
Anata to mekutta shashin-shuu no naka

Doushite hitori atashi wa hitori
Sugu ni sugu ni yume nandato kizuku

Gareki o hashiru nanika kettobasu
Yume kara sameru deguchi o sagasu no

Hayaku ikanakya hayaku ikanakya
Dokoka de anata no koe ga shiteru no

Ugoite-iru toki no naka shika
eien nante mienainda

Ima nanji ka oshiete
Yume to itte dakishimete

Tomari-kaketa atashi no kokoro o ugokashite
Onegai

Tonari ni anata wa iru
Tabun chigau yume o mite

Taiyou nanka iranai
Anata no egao ga ima koishikute



Tell me what time it is right now
Say it's a dream, hold me

The city in ruins looks familiar
Inside that photographic collection
I flipped through with you

Why am i alone all alone?
Right away, right away, I realize it's a dream

I run through the rubble, I kick something
Searching for the exit that will
wake me from the dream

I have to hurry, I have to hurry
I can hear your voice from somewhere

You can only see eternity in the flow of time

Tell me what time it is right now
Say it's a dream, hold me

My heart's on the verge of becoming still,
make it stir again
Please

You're next to me
Probably having a different dream

I don't need the sun
Right now, I miss your smile

Full VersionEdit


今 何時か教えて ゆめと云って 抱きしめて

廃墟の街に 見覚えがある
あなたと めくった 写真集の中

どうしてひとり あたしはひとり
すぐに すぐに 夢なんだと気づく

瓦礫を走る なにか蹴飛ばす
夢から覚める 出口をさがすの

はやくいかなきゃ はやくいかなきゃ
どこかで あなたの声がしてるの

動いている 時の中しか
永遠なんて 見えないんだ…

今 何時か教えて ゆめと云って 抱きしめて
止まりかけた あたしの心を 動かして お願い
隣に あなたはいる
たぶん 違う夢をみて
太陽なんか いらない
あなたの笑顔が 今 恋しくて

あなたを想う こんなに想う
そんな あたしを ゆめで みつけたの

もっと知りたい もっと知りたい
あなたのことを もっと もっと 知りたい

なんとかしなきゃ しっかりしなきゃ
どんな世界にも せつなさが溢れる

時が愛しい なぜか愛しい
今はもっと あなたを知りたい

忘れてたよ 信じなければ
どんなことでも はじまらないんだ

一分一秒でも ずっと ずっと 抱きしめて
悪い夢を みていただけと 囁いてください
隣に あなたがいた
今も きっと そばにいるの
アラームが鳴ったって
あなたの声しか 届かないんだ

とろけたいんだ
頭 痛いんだ
“君を守る”とか たまには聞きたいんだ
はじけたいんだ
笑っていたいんだ
はじめたいんだ

今 何時か教えて ゆめと云って 抱きしめて
止まりかけた あたしの心を 動かして お願い
隣に あなたはいる
たぶん 違う夢をみて
太陽なんか いらない
あなたの笑顔が 今 恋しくて

GalleryEdit

Anime Opening ScenesEdit